大分合同新聞社マスコットキャラクターぶんぶんの誕生会


大分合同新聞社マスコットキャラクターが「ぶんぶん」というハチの妖精だそうで、その「誕生日」と画像などをご紹介。

大分合同新聞社マスコットキャラクターぶんぶんの誕生会が8日午後3時50分から、大分市美術館である。市美術館では大分市誕生100年記念事業、大分合同新聞創刊125周年記念事業「テオ・ヤンセン展」(特別協賛・トキハ)を開催中。風を食べるビーチアニマルとぶんぶんがコラボレーションする。
ぶんぶんはハチの妖精なので年齢は不明だが、8月8日生まれ。大分市府内町にある本社では3年前から屋上で養蜂をしている。今シーズンも大分市中心部の花々から120キロ以上の蜂蜜を採蜜。“まちなか産”蜂蜜を用いて、お菓子の菊家との共同企画商品「大分はちみつスイーツ」を3日から売り出している。
当日は、ぶんぶんの由来やおおいたミツバチプロジェクトを紹介するほか、お祝いに来てくれた人でじゃんけん大会をし、はちみつロールを8人にプレゼントする。


おおいたミツバチプロジェクト のサイトから。

こちらのおおいた自由学校での採蜜の採蜜の様子も興味深いです。

今年はたくさん採れたみたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

関連商品


はちみつ(蜂蜜)に関係した商品を紹介中
スキンケア商品やデザート、生活の色々な場所で蜂蜜を使ってみてください。

関連情報

このページの先頭へ