「はちみつ」が固まった?結晶化について

akasiya22はちみつを使っているとよく経験するのが「蜂蜜の結晶」です。今回はそんな結晶化についての情報をお伝えいたします。

※私が家庭で使うのは「アカシアのはちみつ」が多いので、中々結晶になることはありませんので 今回は画像を撮るために工夫してみました(^^;

続きからの部分に 結晶していく途中の蜂蜜の画像も紹介しています。



「百花蜜」を瓶の下の方に入れて冷蔵庫で結晶させる。
その上からアカシアのハチミツを入れて結晶していない部分と一緒に撮る。
こんな感じで撮った画像がこちらです。

大体、結晶化したという事でお話を聞くと秋から冬の寒い季節に結晶化する事が多いようです。

500-cr02500-cr01
結晶が進むと もっと白くなります。

結晶していない部分と結晶する部分がはっきり違うのが分かるでしょうか。

ハチミツが白くなると 慌ててしまって「ハチミツが悪くなった」などと言う人がいたそうですが最近ではそういう話もあまり聞きませんね。

ハチミツの白く固まる現象(つまり結晶化)は、ハチミツの中の成分「ブドウ糖」が蜜に混ざっている花粉などを核にして固まるというのがその原理です。
ですから、ブドウ糖や花粉がどれくらいそのハチミツに混ざっているかという要素が「固まりやすい」かどうかに大きく影響させます。ですので、蜜によってはすぐに結晶化してしまう事もあります。(マヌカハニーなど)

アカシアはちみつのように、ほとんど結晶しないハチミツもありますが多くのハチミツは結晶するのが自然と考えていただいても良いと思います。

参考: ハチミツの保存方法についてはこちら | ハチミツの結晶化についての別のページはこちら

実際 蜂蜜を結晶化させ、その状態で攪拌させてクリーム化した商品を「はちみつクリーム」として販売されている所もあります。ごくまれに「結晶化」でもなければ「通常のはちみつ」でもない状態で白くクリーム化する事があります。結晶化の時のようなザラザラ感がなく、本当にクリーミーな状態になります。何度か経験がありますが、この状態の蜂蜜はとても美味しいです。

結晶化した場合の対応ですが、パンなどに塗って食べる場合は あまり固くなければそのままでも十分美味しいと思います。固くなりすぎた場合は 湯煎が一番かと思います。温めて上げると溶けていくという事ですね。

不思議な事に、10本の蜂蜜を同じ状態で保存していても結晶化には大きく違いがあります。毎年 同じ蜂蜜を使っていても全く違います。はちみつは不思議だなぁと個人的に思う瞬間だったりします。

もし はちみつクリームができたら 是非 美味しく食べてみてくださいね。


関連記事があれば表示:

  1. はちみつクリーム(オーガニック)|食品

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ