薬用ハチミツとは?

261076漢方の生薬になる植物の花から採取したハチミツが主に扱われています。

チョウシ・ウイキョウ・オウギ・クコ・オウレン・レイシ・リュウガンなどの「漢方薬」として広く知られている植物からの蜂蜜がその中に含まれているようです。

漢方薬として、そのまま使っても良い生薬の植物を蜂蜜に変えて用いるという訳ですね。
消化しやすいのが蜂蜜の特徴ですし、蜂蜜の本来持っているミネラルのチカラを加えるという考え方なのでしょうか。
でも、同時にいくら生薬といっても花の蜜に生薬になるチカラがどれくらい含まれているのだろう?なんて不思議な感じもします。

生薬の根や実など、わざわざ植物のある部分を採取して薬にするので「花の蜜」に注目するというのはおもしろいですね。

リュウガンのハチミツなどはタイではさかんに輸出されていますし、漢方薬になる植物はとても多いので、もしかするとあなたも気がつかないうちに「薬蜜」食べているかもしれませんね。


現在の所 関連記事はありません

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ