プロポリスとは?プロポリスについてのエトセトラ

at last – first bee at flowering quince by Vicki’s Nature
Attribution-NonCommercial-NoDerivs License

プロポリスは 植物の新芽や樹脂を材料にしミツバチがせっせと練り合わせたモノです。

このプロポリスとは一体どういうモノか?なぜブラジル産が有名なのか、キラービー(殺人蜂)との関連は?なんてもったいつけて この話を続けます。

 

 

言葉の意味は「pro=前、防御」「polis=都市」というギリシャ語からきているようです。
ですから、かなり古代から知られていた貴重な物質ということになりますね。

Propolis by nickodoherty
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License

プロポリスは全てのミツバチが集めるのではなく 限られたセイヨウミツバチなどが集めるようです。※ニホンミツバチは集めません。

外観は少し固めのマツヤニのような感じです。
ニオイもあり、蜂蜜のニオイに似ています。(プロポリス自体の香りかは自信がないのですが;;)

ローヤルゼリーもそうですが、蜂蜜と違ってそのままで食べても全く美味しくありません。私が見たのは この画像よりも もっと緑とか茶の濃い感じだったような覚えがあります。

このプロポリス、巣の入り口の隙間や(巣の中を密閉状態にするために)巣の間の隙間を埋めるために使われています。
雨にも負けず風にも負けない巣の必須アイテムのようですね。
また、外敵が襲ってきて巣の中で撃退はしたけれど運び出せない程大きい場合プロポリスで包んでしまう事もあるとか。
人間の作り出す事のできない、産物で蜂蜜やローヤルゼリーよりも採取量は少ないようです。

ちなみにキラービーなどの話題でとりあげられたミツバチは良質のプロポリスを多く集める事で知られています。ブラジルのプロポリスが有名なのは一つにはこの蜂のおかげなのかもしれません。
hr-01

養蜂家の中には、プロポリスはローヤルゼリーや蜂蜜と違ってミツバチの食品ではないので口にしないという方もおられるそうですので、あくまでも健康食品として捉えブームに踊らされずに自分に合ったモノを見つけたいモノですね。


関連記事があれば表示:

  1. 二日酔いにはハチミツをお勧めします その理由?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ