砂糖の替わりに蜂蜜を使う時の注意


蜂蜜は砂糖の替わりに「甘味料」として使う事ができます。
【ポイント】
たとえば「おおさじ1」と書かれている砂糖を蜂蜜で同じ量を入れてしまうと「甘過ぎ」になります。

Tiny surprise. by Sebastian Mary
Attribution-NonCommercial-NoDerivs License

 

それは、甘さの度合いは一緒でも「比重が違う」ためです。
→例:1kgの蜂蜜は約750cc のように重さが水と違ってきます。
それで多くの蜂蜜に関する資料では「砂糖の半分」を蜂蜜で代用できると書かれています。

Miniature Tartelettes for Dollhouse by PetitPlat – Stephanie Kilgast (in dolly mood)
Attribution-NonCommercial-NoDerivs License

しかし、甘みは蜂蜜によって違いますし、蜂蜜の甘み自体が低温度で高く 高温度で低くなる特性がありますからこれも「決まり」とは言えないようです。
→温かい飲み物に入れる場合は少し多めに入れて頂くと甘みがはっきりします。入れすぎには注意。

蜂蜜の森では基本として紹介していますアカシアの蜂蜜では砂糖の6割~7割の量で良いと説明しています。
気になるカロリーは?はちみつダイエットでも扱っていますが砂糖に比べて控えめ(約20%減)です。

注意点として、蜂蜜は酸が強いので歯には敵になります。寝る前に蜂蜜を食べてそのままベッドへ・・・は避ける事をお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

関連商品


はちみつ(蜂蜜)に関係した商品を紹介中
スキンケア商品やデザート、生活の色々な場所で蜂蜜を使ってみてください。

関連情報

このページの先頭へ