1歳未満の乳児にハチミツをあげたら駄目な理由


「1歳未満の乳児には蜂蜜を与えないで下さい。」
これはたいていの蜂蜜の裏のラベルに書いてある注意書きです。

結論から言うと これは「乳児ボツリヌス症発症の危険性があるので避けて下さい。」という意味になります。

ボツリヌス菌は芽胞を有する偏性嫌気性グラム陽性桿菌で,湖,河,海,沼などの土壌に広く分布し,あらゆる農・畜・水産食品にボツリヌス菌芽胞が存在する。

この毒素は自然界に存在する極めて毒性が強い毒物の1つで,神経毒である。
ヒトの腸内で芽胞が発芽・増殖するのは生後2週~8ヵ月の乳児で,これ以外の年齢のヒトが摂取しても一応安全とされる。本症は乳児に独特の疾患で,その理由は腸内細菌叢の未熟性が推定される。生後2週以内の乳児の腸内にはボツリヌス菌は増殖できず,また8ヵ月以降になるとボツリヌス菌と競合する細菌が定着すると考えられている。

福岡県薬剤師会 薬事情報センター 薬Q&A 「1歳未満の乳児に蜂蜜を食べさせてはいけないのはどうしてですか? 」より引用

ボツリヌス菌に対抗できるようになるのが 乳幼児の8ヵ月以降なので、9ヶ月未満の赤ちゃんには蜂蜜は食べさせないでくださいね。という訳です。
そして、わかりやすいように「1歳未満」と表示している蜂蜜屋さんが多いという事になりますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

関連商品


はちみつ(蜂蜜)に関係した商品を紹介中
スキンケア商品やデザート、生活の色々な場所で蜂蜜を使ってみてください。

関連情報

このページの先頭へ